五葉松  針金かけ

五葉松の針金かけをしてみました。 持ち込みの古い幹の動きが面白い正木の五葉松です。左側の枝が全部上に上がっているので、思い切って、元からグイグイと下げます。この枝の元から下げるのが、中途半端ですと面白い枝が作れません。思い切って裂け目が入るぐらい力をいれて下げます。

 作(元気)がいまいちの樹は、針金かけは、やってはいけません。軽く枝先をかけるぐらいなら大丈夫です。この樹のような作業をしようと思うと、まず、作をしっかりと載せてあげることが大切です。植え替えをして、肥料をたくさん上げて力をつけてから、やっと思い切った作業が可能になります。整枝や改作、切込み、接ぎ木などすべての作業において、樹の力がないと何もできません。そのため、毎日の水やり、消毒、肥料などの日々の管理が盆栽のすべてです。一つの作業が、疎かになってしまうと良い盆栽を作ることができなくなります。今から、針金をかける絶好の季節です。皆様も色々と挑戦してみてください。

 

五葉松 整枝後 樹高58.5㎝ 左右58㎝ 奥行68㎝

お問い合わせは

お気軽に携帯電話まで

090-6599-5688 

e-mail

bonsaifujiwara@yahoo.co.jp